Home › Monthly Archives › 11月 2021

令和3年度 特別事業「里地里山さと空 しらやま満喫事業」

 農を基盤とした豊かな自然環境と、人と人が絆で結ばれた地域社会の実現を図るため、ウイズコロナ時代に即したコウノトリが棲む越前しらやまを思う存分体感できる施設の整備とコウノトリが棲む里地里山を紹介するガイドを作成しました。
 ふるさと茶屋「白山さんち」を起点とした現地案内用の看板を設置するとともに、要所要所でQRコードを読み取っていただくと、マップやみどころなどを見ることができます。1日コウノトリになった気分を味わえる越前しらやまを堪能下さい。

コウノトリ体感回遊・若須岳登山ルートの見どころ

回遊ルートマップ(都辺町・上杉本町起点)

若須岳登山ルートマップ(二階堂町新登山口)

しらやま西瓜情報(越前しらやまブランド認証商品紹介)

飼育コウノトリ情報(越前市とコウノトリの関わり)

くちばしの折れたコウノトリ「コウちゃん」

白山さんちのお食事メニュー

ボルガ大豆 1,000円

かまど炊きご飯  1,000円

ぼっかけ飯  1,000円

こうのとり御前 時価

お弁当 ご予算に応じます

白山さんちの紹介

三床山登山

 11 月6日(土)、福祉健康部主催の健康ウォークで鯖江市の三床山に登りました。小学1年生から70代までと幅広い年代の方、11 名にご参加いただきました。
 当日はお天気に恵まれ、気温もちょうど良い絶好の登山日和で、三床山の名所「もみじロード」が色づくには少しだけ早かったですが、山頂の大パノラマはとても見晴らしが良く、爽快感がありました。

里地里山さと空満喫事業

 11 月7日(日)第2 回里地里山さと空満喫事業旅企画講習会が開催されました。参加者は、前回参加者の25名から8名と3分の1 の参加となりましたが、中村講師の指導の下、地域の宝を生かした新たな旅企画が提案されました。
 一つは、「しらやま竹取物語 世界で一番のごはんを食べよう」、地区の竹林を舞台とした竹ご飯づくりで昼食。また、竹細工つくりと食と体験が楽しめる企画と地区の宝を訪れるオプション企画。
 もう一つは、「コウノトリに会える郷越前しらやま満喫事業」、コウノトリが舞う地区をサイクリングしながら、白山特産大根の収穫体験から購入、歴史を感じる建築物や飼育コウノトリを観察して自然を満喫。
 昼食は、地元食材を使った田舎メシで胃袋が満腹。午後からは、白山の名水「解雷ケ清水」をくみ取り、若須岳頂上で名水を使った珈琲タイムとコウノトリ目線の360°パノラマ眺望の満喫企画。
 中村講師からは、両方とも素晴らしいと評価を頂きましたが、欲張り過ぎで今後も当地区を訪れる仕掛けとして、午前午後それぞれ1 箇所の企画とし、次回も訪れる仕掛けが重要とアドバイスを頂きました。今回の企画を来年度の旅企画として実践してまいります。

コウノトリ体感回遊・登山ルート(都辺・上杉本町起点)

Googleマップで開く

コウノトリ体感回遊・登山ルート(二階堂町起点)

Googleマップで開く

しらやま西瓜情報(越前しらやまブランド認証商品紹介)

しらやま西瓜(スイカ)

「しらやま西瓜」は、肥料分の多い山地特有の赤土と、露地栽培による昼夜間の温度差が生み出す強い甘みとシャリシャリとした触感が特徴の、西瓜です。

白山野菜出荷組合 越前市上杉本町37-4-1 0778-29-2214

越前しらやま米

環境に配慮し、農薬や化学肥料の使用を抑えた特別栽培米の作付けや環境にやさしい土づくりに取り組んでいます。

完全無農薬純米吟醸酒 かたかた

「コウノトリ呼び戻す農法」で栽培された、無農薬・無化学肥料の酒米(五百万石)で仕込んだ純米吟醸酒。

越前しらやま活性化協議会 越前市都辺町36-84 0778-28-1045

しらやま大根

水野農園では、米農家でのもみ殻を野菜苗の保温材として利用したのち、養豚場の豚糞と混ぜ合わせ肥料として使用しています。白山地区の素材を十分に生かしたしらやま大根は、煮ても煮崩れせずこだわりを持っている消費者から人気です。

水野農園 越前市曽原町27-61-3 0778-28-1762

越前しらやま豚

福井県のブランド豚を飼育している養豚場。「福井しらやまポーク」は安全な飼料と徹底した衛生管理のもと育てられました。その肉質は「しまり」が良いうえ、「柔かい」、そして「きめ」の細かさ、風味の良さが特徴です。脂身がさっぱりしていて、クセが少なく、お子様にも食べやすいと評判です。

(有)睦美ファーム 越前市安養寺町157-61 0778-29-2305

飼育コウノトリ情報(越前市とコウノトリの関わり)

コウノトリの飼育・繁殖と放鳥 平成23年12月~

<飼育>
 福井県は平成23年12月より、コウノトリ郷公園からペア(オス:「ふっくん」、メス:「さっちゃん」)を借り受け、コウノトリの野外定着に向けた共同研究(飼育・繁殖)として、白山地区で飼育を始めました。

<繁殖>
 平成26年には、福井県は有精卵3個をコウノトリ郷公園から譲り受け托卵し、福井県で50年ぶりにひなが誕生しました。

<放鳥>
平成30年には、飼育方法を改善したことで、飼育開始から初めて有精卵を産卵し、4羽のひなが生まれました。このうち3羽は坂口地区から放鳥されるなど、平成27年から平成30年までにコウノトリ飼育・繁殖事業において9羽のコウノトリの放鳥が行われました。

<越前市とコウノトリの物語>
 越前市は、コウノトリが日本で最後まで生息していた地域(豊岡市、小浜市、越前市)の一つです。絶滅が危惧された昭和30年代以降も市民とコウノトリとの関わりが数多くあり、そのたびに熱心な保護活動が展開され、コウノトリとの様々なストーリーを持って歩んできました。
 越前市では平成21年4月に「越前市食と農の創造条例」を施行して、環境調和型農業に力を注ぐとともに、平成22年度に「越前市コウノトリが舞う里づくり構想」を策定して、地域住民や福井県をはじめとする関係団体、地域活動団体等と連携して、取組みを進めてきました。
 その結果、平成22年からのコウノトリの飛来に続き、ついに令和2年初めて野外コウノトリの巣立ちが実現しました。 また、令和3年度も野外2ペアからヒナ誕生・巣立ちが実現するなど、多くの野外コウノトリが訪れることとなりました。
 私たちが目指すのは、かつて越前市の空を舞っていたコウノトリが当たり前のようにいる未来です。そのためにもこれからもコウノトリが舞う里づくりを推進していきます。

くちばしの折れたコウノトリ「コウちゃん」

昭和45年12月~昭和46年2月

 昭和45年12月に、白山・坂口地区に1羽のコウノトリが飛来しました。地元では子どもたちが観察を行い「コウちゃん」と名付けられました。「コウちゃん」は下のくちばしが折れていたため、餌がうまく採れず、住民による餌集めなど保護活動が行われましたが、少しずつ衰弱していきました。

  そのため「コウちゃん」を保護するために捕獲し、兵庫県豊岡市のコウノトリ飼育場に送られました。「コウちゃん」は豊岡で「武生」と名づけられ、34年間大切に飼育され、1羽の子どもと4羽の孫を残しました。

白山小学校児童会の保護活動

 地域住民や地元の白山小学校の児童たちは、「コウちゃん」と名付け、観察や餌やりを行い暖かく見守りました。白山小学校児童会では、保護の看板を立てて、毎日、観察日誌をつけました 。

 白山小学校の全児童による餌集めが行われました。しかし、「コウちゃん」はくちばしが折れていたため、十分に餌をとれず次第に衰弱していきました。 児童たちは、美しいコウノトリの姿を残そうと、コウちゃん像が立てられました。

 専門家による協議の結果、「コウちゃん」を捕獲し、兵庫県豊岡市のコウノトリ飼育場(現兵庫県立コウノトリの郷公園)へ移送することが決まりました。1971年(昭和46年)2月27日に保護されました。

 「コウちゃん」が捕獲されたとき、地元の児童たちから「コウちゃんを連れていかないで。」という意見がありました。この時、「きっと、コウちゃんを大空に返す。」と児童たちに約束しました。 「コウちゃん」は「武生」と名付けられ、折れたくちばしの治療を受け、大切に飼育されました 。

環境パトロール

 10 月30 日(土)各区長に事前確認をお願いしました不法投棄場所に係る「自然環境パトロール」を自然環境部において実施しました。今年度から不法投棄場所の確認だけではなく、ごみ等の回収も実施しました。
 今回大型家電等の不法投棄を確認したほか、県道沿いに多くの一般ごみが捨ててありました。立派な道路ができても、ごみが落ちている汚い道路では意味がありませんので、引き続き環境美化にご協力をお願いします。

Translate »